9月25日(土)の自然栽培の会は、前回雨で蒔くことのできなかった冬野菜の種まきを行います。
種を蒔く前に鍬を使って畝を6本立て、3畝分はポリマルチで被覆を行います。
そこに穴をあけて、宮重大根、三浦大根、松島白菜の種を蒔きます。
その後はマルチなしの畝に、小松菜、のらぼう菜、みやま小蕪の種を蒔きます。
できればその後、防虫ネットをトンネル状にかぶせたいのですが、そこは作業の進み具合によります。
前回の作業ができなかったことで、今回はやることが多くなってしまいました。
大根と白菜は種の蒔き時期としては、少し遅れてしまいます。
収穫は今後の天候次第になってしまいますね!

概要

9月25日(土)

9:00 –
集合場所:自然栽培畑
当日は農作業を行いやすい格好でお願いします。
軍手、作業用の靴、直射日光を避ける防止などを準備下さい。
靴は畑がぬかっている時以外は足袋が一番良いです。

天候不良の場合には内容が変更になる場合がございます。

授業風景

*YouTube自然栽培チャンネルにて動画配信中です。
会の様子から自然栽培の小ネタまで発信中ですので、ぜひご覧ください!!

©2021 seinousha

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?