「どちらかと言えば脇役なんだと思う。」

 

普段からどんなことを心がけているかと言えば、シンプルで素朴で昔からそんなに変わらないこと。

 

相手が意識しなければ実はそんなに気づかれることもなく素通りされることが多いけど、

その感じが昔から重宝されている。

お陰様でここ数年の活動を少しずつ知ってもらえるようになって

一昨年と昨年は十月中に1年のスケジュールが埋まったんだ。

 

意外とどんな相手にもそれなりに合わせることができたから、

今まで多くの仲間と共演してきた。

若い頃から付き合いのある唐揚げやコロッケ、豚の生姜焼きとの共演の多さはご存知の通り。

今は煮物系や海鮮系、「ご飯のおとも」と言われるグループとの共演も増えてきた。

ご飯のおともというグループについて言えることは、

脇役的なネーミングの割に彼らがいつも主役のようなポジションにいるということ。

だから、彼らの名前はみんな知っていても、こちらの名前を知らないことも多々あって、

「なんていうお名前でしたっけ?どちらのご出身?」という質問にももう慣れた。

 

でも、寂しいとか残念とかは思わない。

それが、長く愛され続けてきた自分の持ち味だと思っているから。

主役? もし、チャンスが来たら精一杯頑張ってみるよ。

農薬・化学肥料不使用も板についてきたことだしね。(笑)

 

チラシはこちらから→おかずのおとも

タグ :

©2020 seinousha

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?