妖精のお腹で温められて

芽を出す野菜があること

知ってますか。

 

昨年の自然栽培特別講座は、

「何がどう変わったの?種子法廃止と種苗法」というタイトルで開催しましたが、

今年は、「しあわせのタネ取材日記」と題して開催することが決まりました!

 

誠農社は以前に加須市にあるパストラル加須というホールで

「しあわせのタネ」のミュージカルを主催したことがありました。

「しあわせのタネ」というミュージカルは、

一粒のタネを通して、命と向き合うこと、そして多様性の大切さを教えてくれる

そんな舞台で、舞台を観終えたお客様の感想の中で特に印象的だったのは、

「お腹に命を宿している娘と一緒に観に来たかった。娘にもいつか観てほしい。」

というものでした。

 

今回の特別講座でお話してくださるのは、

「しあわせのタネ」にも出演されている俳優の中山明美さん。

中山さんが舞台制作にあたり、各地で取材を重ねて知ったこと、感じたこと、

そして、それを多くの人に伝えていきたいと思ったことをお話してくださいます。

 

「F1種というタネで食が守られているということを知った反面、

地域に古くから伝わる伝統野菜が絶滅の危機にあることや、

在来種の保存に努めている人たちがいることを知った。

そして、日本各地でそれぞれの土地にあった特色のある野菜があるということを知り、

そのことを題材としたミュージカルを全国で上演したいという夢を持った。」

(上記、中山さん談より)

 

PVの後半には、今までに上演された場所でのご当地バージョン(出演者や野菜)の

紹介もされており、命を育てている農業者の明るい表情も非常に印象的です。

 

まだ知らないタネがある

守っていきたいタネがある

 

ぜひ、多くの皆様にご参加頂きたいと思っております。

コロナ対策のこともあり、人数限定で開催致しますので、

ご興味のあります方は、お早目にご連絡ください。

 

チラシはこちらから→●しあわせのタネ取材日記2.5

 

 

あっ、そうそう!

PVの最初でおタネさんがポケットから取り出す綿の実は、

誠農社で栽培したものを使って頂いたのでした。

素敵に使って下さってありがとうございました。

 

 

タグ :

©2022 seinousha co.,ltd. All Rights Reserved.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?