各地で35公演以上! 2017年以来、2回目となる待望の加須公演

埼玉加須公演 2022年11月23日(水・祝)開場 16:30 / 開演 17:00
ロビーでは”しあわせのマルシェ”同時開催!開催時間は開演前(15:00~16:30)と終演後(~20:00)です。

上演にあたって

命をつなぐ、都会と田舎をつなぐ「タネ」の物語

私たちが、毎日食べている野菜がどうやってつくられているか知っていますか?
普段手にする野菜の多くは、形も色も味もだいたいそろっていて、お店にきれいに並べられます。
重労働である農業を、少しでも効率よくし、沢山収穫できるように、いろいろな病気や天候にも負けない育てやすいスマートな野菜が工夫されてきました。
その一方で、一見形は悪かったり、どこでも簡単に育つわけではないけれど、栄養価が高く味も個性的で、各地で大切に受け継がれてきた伝統的な野菜は、次第に姿を消している・・・。
毎日、自分や家族、子どもたちが何を口にしているのか、みんながもっと普通に知るきっかけをつくることができないか?と思ってつくったミュージカルです。

日本の各地で、地元でどんな野菜がどんな人たちの思いでつくられているのか、毎回、公演地を取材し「ご当地バージョン」で上演し、あたたかい劇場を楽しんでいただいている「しあわせのタネ」。
あなたの町の公演では、あなたにも、あなたの大切な方にも、ぜひご覧いただきたい舞台です。

企画・製作 八峯企画

加須公演にあたって

未来に残したい宝物は何ですか? 今を生きる私たちの役目を考えてみませんか?

「小さな一粒のタネを誰かが守り、誰かが受け継ぎ、誰かが伝えてくれるから、今、私たちはそのタネのことを知ることが出来るんだなぁ」。

このミュージカルを見てそんな風に想い、「小さな一粒のタネから学ぶこと、それはあまりにも大きい」と感じました。

このミュージカルは地域で受け継がれてきたタネがテーマになっていますが、そのタネを様々な角度から解釈してみると、このミュージカルが伝えたい内容の深さがわかります。

例えば、タネを地域の特産品や環境に置き換えてみたらどうでしょうか。
加須市の特産品の鯉のぼりは、既に手書き職人がいなくなってしまいましたし、豊かな風景が広がる田園も、守り、受け継ぐ人が減少していることは紛れもない事実です。
それは日本の風習や伝統文化に於いても同じことで、「昔はやっていたけど、いまはもうやっているのは見ないよね」、ということが増えています。

でも、それは、今を生きる私たちが宝物を守ることができていないということ。
これからの未来を生きる子どもたちに残すべき宝物を、私たちが守りきれていない悲しい現状でもあるのです。

また、タネの成長からは、世界中のテーマでもある多種多様性の在り方についても改めて教えられることばかりです。
個性があって当然なこと、成長の過程が違って当たり前なこと、環境に馴染むまでに時間がかかることもあるということや、自分の想像とは違うことが起きた時にどう考えるか、という部分に至るまで、しっかりと受け止めなければならないことばかりです。

私は、未来に生きる子どもたちのために、今ここにあるたくさんの宝物を残していくことが
今を生きる私たちの役目だと思っています。

かつて、私たちを育ててくれた大人の方々がそうしてくれたように、今度は私たちがその役割をしっかりと担い、守り、受け継ぎ、伝えていかなければ、現状を知ってもらうことも出来ないのです。

今、私は「誰かが守り、誰かが受け継ぎ、誰かが伝える」という大きな流れの中にある「誰か」の役割を担いたい、そう思っています。

しあわせのタネかぞ実行委員長
加須市観光大使 / 第22代ミス藤むすめ
矢野 祥子

あらすじ

日向豊(ひなたゆたか)は焦っていた。
まずいぞ、この披露宴、司会者として乗り切れるのか、俺 …… ?

会場では、今まさにひと組の結婚披露宴が行われようとしている。
新郎は脱サラして新婦の実家の農業を継ぐという。
「都会で心折れた僕を救ってくれた、あの力強い野菜の味が忘れられなくて」

ところが、新婦の祖父はなぜかこの結婚に大反対!
「わかってる、おじいちゃんは私たちが種から野菜を育てるのが気に入らないのよ!」
…… え、ちょっと待って。野菜って種から育てる …… んじゃないの!?

しかし、農家の跡取りが現れて嬉しいはずの彼女の実家は大反対!?

作物はどうやって生まれるの?
命は一体どこから来るの?
様々な立場や想いが交錯する中、果たして若いふたりの「しあわせのタネ」は実るのか!?

キャスト

合田雅吏
重森悟(新婦の父)役

剣持直明
日向豊(披露宴の司会者)役

追林留梨子
重森香織(新婦)役

冨田浩児
新山誠(新郎)役

紺野相龍
新山敏夫(新郎の父)役

桜一花
新山礼子(新郎の叔母)役

島津尋
重森泰子(新婦の母)役

小島ことり
重森翼(新婦の弟)役

神田麻衣
水野若葉(式場職員)役

中山明美
大野タネ(お婆さん)役

東出宜子
新山杏(新郎の従姉妹)役

前田彩
新山桃(新郎の従姉妹)役

飯山さな
新山桜(新郎の従姉妹)役

上西郷太
重森大地(新婦の従兄弟)役

田中雄飛
重森大河(新婦の従兄弟)役

後藤星夜
重森太陽(新婦の従兄弟)役

治田敦
重森巌(新婦の祖父)役

澤田知可子
???役

スタッフ

脚  本 : 坂口理子
演  出 : 増澤ノゾム
音  楽 : 鈴木あい
振  付 : ma-ya

照  明 : 糸賀大樹(AQUA) 柿沼ひかる(AQUA)
音  響 : 千葉隆弘(ワンツー)
演出助手 : 前田彩
舞台美術 : 浅井裕子
宣伝美術 : 前田麻里
企画・製作: 八峯企画

チケット

指定席(S席) 5,000円(税込)
自由席前売 3,000円(税込) / 当日 3,500円(税込)

チケット発売は8月28日(日)より(小学生以上からご覧になれます)

【販売窓口】
・しあわせのタネかぞ実行委員会事務局㈱誠農社内(S席・自由席)
・パストラルかぞ窓口(自由席のみ)
・加須市商工会【地図】(自由席のみ)
・FUNS税理士法人【地図】(自由席のみ)
・手打ちうどん・そば 子亀【地図】(自由席のみ)
・イベントサイト teket(自由席のみ)

会場

パストラルかぞ大ホール

埼玉県加須市上三俣

主催 : しあわせのタネかぞ実行委員会
共催 : 加須市

協賛 : 明治安田生命保険相互会社熊谷支店
後援 : (株)誠農社、加須市商工会、誠農社自然栽培の会

協力 :
癒しの香り絵®、会席ぎゃらりぃからん、かぞまぐ、さくら造園、side by side、
NFS中村フードサービス、(一社)日本折り句協会、野ばらの会、パサルキッチン、
花うさぎ、花ぐるま、はなまる加須、FUNS税理士法人、㈱フジハウジング、
Hula Luana、MIKAKOアトリエ無限、ヤング農マンKAZO

※共催、協賛、後援して頂く団体・企業情報は随時更新させて頂きます。

問合せ先

しあわせのタネかぞ実行委員会事務局(誠農社内)

TEL : 0480-53-4651(9時~17時、毎週水曜日、第一木曜日定休)

他の地域での公演スケジュール

小田原公演

2022.11.17(木)14:00 / 18:30
前売り4,000円 当日4,500円(全席自由)※8/26発売開始
会場 : 小田原三の丸ホール大ホール
住所 : 神奈川県小田原市本町1丁目7-50

山形公演

2022.11.27(日)15:00
前売り4,000円 当日4,500円(全席自由)※9/10発売開始
会場 : 東ソーアリーナ
住所 : 山形県山形市蔵王松ケ丘2-1-3

山形公演特設ページ

東京公演「シアターXカイ提携公演」

2022.12.02(金)19:00
2022.12.03(土)13:00/18:00
2022.12.04(日)15:00

前売り5,000円 当日5,500円(全席自由)※10/8発売開始
会場 : 東京・両国 シアターXカイ
住所 : 東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア1階

関連記事

誠農社自然栽培の会が「しあわせのタネ」を応援する理由+

誠農社自然栽培の会が「しあわせのタネ」を応援する理由

しあわせのタネ埼玉加須公演【チケット販売場所のお知らせ】+

しあわせのタネ埼玉加須公演【チケット販売場所のお知らせ】

「しあわせのマルシェ」出店募集数に達したため締め切らせて頂きました+

「しあわせのマルシェ」出店募集数に達したため締め切らせて頂きました

【本番に向けて】しあわせのタネ取材日記2022.8.30+

【本番に向けて】しあわせのタネ取材日記2022.8.30

2/5自然栽培の会 特別講座開催報告「妖精のお腹で温められて芽を出す野菜がること知ってますか」しあわせのタネ取材日記+

2/5自然栽培の会 特別講座開催報告「妖精のお腹で温められて芽を出す野菜がること知ってますか」しあわせのタネ取材日記

【自然栽培特別講座】しあわせのタネ取材日記2/5(土)開催!+

【自然栽培特別講座】しあわせのタネ取材日記2/5(土)開催!

©2022 seinousha co.,ltd. All Rights Reserved.

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?