すっかり息が白くなった冬の朝、

たくあん作りにご参加の皆様にお集まりいただき、

農家の冬仕事「固定種大根のたくあん作り」

1日目が開催されました。

今日は、畑で大根を収穫して、大根を干すための縄を編み、

軒下に干すところまでの作業でした。

収穫したばかりの固定種大根

水でしっかりと洗います

 

洗った大根の水が切れるまで、藁で紐を編みます。

この藁は漢方農法米の藁です。

縄は手を水に濡らし、紙縒りを作るイメージで

手のひらでねじりながら編んでいきます。

 

近所のおじいさんが様子を見に来ていたのですが、

「この辺りでは、普段使いの時は、右手前に編んで、

神事の時は左手前に編むんだよ」と教えてくれました。

たくあん作りの先生、小田切翁は、味噌作りの先生でもあります

藁が編めたら、軒の下に大根を吊るします。

最後に、美味しくなるように願いを込めます!(*^^*)

1週間、天日干しをして、来週の19日に漬け込み作業を行います。

 

そして、小田切翁が作ったお正月用のお飾り。

誠農社の庭になっているミカンを飾り、センス抜群!

これぞ、農ある暮らしの豊かさだなぁと思ったひと時でした。

 

タグ :

©2022 seinousha

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?