誠農社の強矢です。

すっかり暖かくなり誠農社も忙しくなっています。

誠農社では、今年度からイチジクの栽培に取り組んでいます。
品種はフランスからやってきた「バナーネ」という品種です。

去年まで誠農社コミュニティサロンの隣にあった雑木林を伐採、抜根、整地を行い、良い畑になるように作業を続けてきましたが、なんとか5月中にはイチジクを植えられそうです。

イチジクを植えるにあたって一番困った事が土の排水の面でした。

イチジク畑の土はとても粘土質で、そのまま植えてしまうとイチジクの根が伸びなかったり、腐ってしまいます。
そこで、誠農社では暗渠管を入れ、土に水が溜まらないようにしました。

暗渠管を入れた他にも整地の際に硬くなってしまった土をトラクターで慎重に耕運する作業もしています。

そして4月末には畑に肥料を入れ、5月下旬はイチジクを植え付ける作業に入ります。

本格的な収穫が出来るのは2年先になりますのでそれまで頑張って木を育てていきます!

©2020 seinousha

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?