時代の流れが、スローライフにどんどん向かっています。
「半農半X」もその流れの中から生まれた言葉です。

半分自産自消型農業と半分天職(好きな仕事)という意味を持つ「半農半X」、その言葉を生み、そのようなライフスタイルの第一人者といわれる塩見直紀さんから学ぶものは多くあります。

しかし、私たちが考える半農半Xは、少し違います。
私たちは、農業を色々なコトやモノと上手く組み合わせ、新たな価値を創造する「農コラボレーション」という意味での半農半Xです。

私たちは、その半農半Xがビジネスとして成立し、より大きく展開できるよう必要な場(空間)や運営システムのノウハウを構築しています。

そして、半農半Xプラスアルファで地域を活性化する。それが私たちのビジョンです。

半農半X的生活実践例

農ある暮らし実践者 靴職人×農生活

加須市 湯本さま 季節を感じる農ある暮らしの中、子育てを楽しみながら靴職人の仕事をマイペースで行っておられます。

➡ 湯本さまの御紹介をされている匠の職人会「誠和会」サイト

©2018 seinousha

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?