誠農社では、加須市油井ケ島のご近所さんから

依頼を受けた田んぼの管理、耕作も行っています。

(上記写真は、漢方農法米を農薬不使用で作っている田んぼです)

 

多くの田んぼは、慣行栽培で多少なりとも農薬を使用していたため、

ファーマーさん曰く、農薬を使用せずに7年目を迎える田んぼに比べて

土の固さがまったく違うそうです。

 

どのように違うかというと、

農薬により土の微生物が死滅してしまうので、

微生物による分解がなされず、作業を行う上でも

土の固さを感じるのだそうです。

   

 

昨年、同じ田んぼで取れた藁の分解も、

農薬不使用の田んぼに比べると

思うように進んでいないとのこと。

 

このように、作業の一つ一つにおいても、農薬を使用した場合と、

農薬を使わなかった場合の違いがあきらかに出てくるのです。

それは、その田んぼに命が宿っているのか、否かの違いだと思わざるをえません。

 

私たちは「多くの命の力で生かされている」ということを思えば

様々な命のかかわりや自然の恵みに

改めて感謝の気持ちを持たずにはいられない誠農社一同です。

 

©2018 seinousha

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?