11月になって、ずいぶんと寒くなってきましたね。

誠農社の農場では5月に植えて無農薬で育てた里芋がついに収穫を迎えました。
里芋は親芋、小芋、孫芋と連なって土の中に固まっているので、掘り起こすのも一苦労です。

20151107_002316497_iOS

親芋の周辺には根っこが形どっているので、ハサミなどで切っていきます。

20151107_002707103_iOS

茎の部分も芋ガラといって皮をむいて乾燥させて食べる事ができます。ずいぶん立派なものですから、ただ捨てるのは勿体ないですね。

20151107_002531207_iOS

同日に行われた自然栽培の会で、その日収穫したばかりの里芋を頂きました。
食べごたえと柔らかさが合わさった、非常に美味しい里芋でした。
これこそが農業の喜びです。

20151107_032152884_iOS

©2020 seinousha

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?