誠農社の3つのコンセプト

私たちは「農」を中心に新しい価値を創造します。 続き

エシカル(ethical)油井ケ島

エシカル(ethical)油井ケ島 子どもたちのために農ある暮らしを残したい。 続き

彩の国優良ブランド品!誠農社の漢方農法米

2016年彩の国優良ブランド品! 2014年米・食味鑑定コンクールで埼玉県内で第2位の評価。 続き

自然栽培の会

永続的な農業を未来に伝えたいという気持ちがあります。 続き

 

2017年2月18日の自然栽培の会について(特別会)


無肥料自然栽培にはとても興味があるが、いったい肥料も農薬も使わずにどうやって作物を育てるのだろうか?
何か特別な技術があるのだろうか?
本当にそんな育て方で作物は育つのか?

多くの方が同じことを思い感じていると思います。
そんな疑問をお持ちの方、無肥料自然栽培における播種から採種までを含んだ基礎的な栽培知識を学んでみませんか?
無肥料自然栽培に特別な裏ワザなどはなく、正しい知識と情熱で一つ一つの作業を正確に行うことで結果が出るのです。

自然栽培の会2期最後の授業として約4時間の本格的な座学を行います。

自然栽培の会特別セミナーは一般参加可能です。詳しくはこちらをご確認ください。

前回の授業の風景

20170204_025433335_iOS
特別セミナー開催前に自然栽培の会2期最後の収穫を行いました。

2017年度 漢方農法米区画オーナーのweb受付開始!


2017年度漢方農法米区画オーナーについて、直販サイト「米作り倶楽部」にて受付を開始しました。

誠農社として、農をより身近に感じて欲しいと始まった区画オーナーですが、毎年沢山の方に来て頂き、2回、3回と参加して頂いている方も増えています。

米作り倶楽部からはより簡単に申し込みが出来ますので、ご興味のある方は是非ともご参加下さい。

漢方農法米区画オーナー特集ページ

こめづくり倶楽部 2017年度 漢方農法米 区画オーナー

2017年2月25日旬菜料理教室が開催されます。


20170225旬菜料理画像

毎回沢山の方にお集まり頂いている旬菜料理教室が2月25日に開催されます。

今回は寒い時期を乗り越えるお腹に優しく温かい中華がゆを中心に据えてた献立です。
ぜひとも誠農社で楽しく学びのひとときを過ごして頂ければと思います。

旬菜料理教室について詳しくはこちら

開催地:エシカル油井ケ島母家キッチン
開催日時:2017年1月26日(土)11:00 ~ 14:00
参加費5000円
定員10名(完全予約制)

*受付締切2月21日(水)

20170225旬菜料理教室案内チラシ

2月25日の旬菜料理教室について詳細・申込みについてはこちら

2017年2月4日の自然栽培の会について(特別会)


2月4日(土)の自然栽培の会では自主での収穫と、特別授業として太田カティーさんによる講演会を行います。
まずは11時30分頃から畑で収穫を行っていただきます。
前回で母本選抜は全て終わらせていますので、今回は全てお持ち帰りと夜の親睦会の食材になります(笑)

そして各々昼食を済ませていただいた後に13時からは、体内美人研究家の太田カティーさんによる講演が行われます。
ご自身がアトピーを克服した経験から、日々の食材の大切さは言うまでもなく、その食べ方がとても大切であることをお話ししていただけます。
(今回は食用重層を使って簡単な人体実験を行う予定です!)
どんなにいいものを食べていても、食べ方を間違えていてはせっかくの食材も台無しです!

講演終了後は母屋で新年会を兼ねた収穫祭(親睦会)を行います。
午前中に収穫した野菜を中心にした料理で、今年の自然栽培の会の新たな出発や今後の畑のあり方などを時が経つのを忘れるほど熱く語りたいと思います(笑)

自慢のお酒や料理の持ち込みも大歓迎です!
今回もちょっとした演奏会があるそうですよ~楽器も持ち寄りで(笑)

何はともあれ、楽しい夜にいたしましょう!

自然栽培の会特別セミナーは一般参加可能です。詳しくはこちらをご確認ください。

前回の授業の風景

前回は自然栽培バスツアーを行いました!!

IMG_2842

IMG_2847

IMG_2855

農時新聞22号 2017年1月28日


農時新聞22号 2017年1月28日

  • お相撲さんがやってきた
  • ワコール 農業女子を支援
  • 髙島屋 夢袋「稲作体験」今年も人気
  • 今年に賭ける この人に聞く
  • 読者プレゼント「春日大社展」
農時新聞は久喜・加須市の市民約6万世帯を対象に発行しているフリーペーパーです。農業体験等を通じて豊かさが実感できる新たなライフスタイルの提案と役立つ地域情報の提供に努めることを編集の基本の第一にしています。創刊は2012年7月で、発行は年4回、季節感が実感できる旧暦に沿って春夏秋冬のスタート日を原則としています。